小学生の自習室

2015.07.11_for blog_001

 

毎週土曜日の14時から17時までの時間帯に,毎週 5 ~ 6名の小学生が自習室を利用しています。

「計算ドリル・漢字ドリルをやり進める」,「苦手な〇〇の単元を特訓してほしい」など,彼らの目的はさまざまです。

 

特筆すべきは,子どもたち自身が今日は何に取り組むか,何を学びたいか等の目的意識を持って自習室に来ているというところです。

やり抜く姿勢” や “計画性” を身につけた上で中学校に進学する。

簡単に身につくことではありませんが,こういったことの積み重ねに加えて “愉しみながら” 学んでいくことが中学生・高校生になってじわじわと効いてくるのです。

 

 

2015.07.11_for blog_009 2015.07.11_for blog_999 2015.07.11_for blog_002

 

当塾は学習習慣を身につける場,そして計画的に学習を進める場として活用してもらうために自習室を開放しています。

部屋を学生・中学生・高校生で振り分けておりますから,気兼ねなく活用することが可能です。

 

土曜日の昼間の時間帯,いつでも気軽に質問してもらえるよう小学生の自習室には 2名の教員が常駐しており,算数・国語だけでなく,理科・社会・英語の質問にも対応しています。

本日も算数・国語のみならず,小4生から理科 (学校のテストの振り返り) や英語 (英検 5級の問題集) の質問もありました。

さらには,質問受付の 3枚目の写真にあるように小2生が算数の質問をしてくれていました。普段や休憩時間は活発な彼女ですが,学習に向かう姿勢はピシッ!素敵です!

 

17時を過ぎると,中学生・高校生がぞろぞろと自習室にやって来ます。

当塾は大学受験まで主要科目すべてにおいて質問受付が可能ですから,学年を問わず多くの生徒が自習室を積極的に活用してくれています。

 

 

2015.07.11_for blog_003 2015.07.11_for blog_004 2015.07.11_for blog_005

 

本日,特に集中して取り組めていた小学生の 3名。気合いが感じられました。

とは言っても,当塾の自習室は小学生でも私語をしている生徒や姿勢の悪い生徒は皆無であり,どの生徒も集中して取り組んでいます。

 

自宅だとなかなか集中できない,保護者の方もお子さまのそんな姿を見て叱ってしまうというお話を伺います。

また,お子さまの学習を見るといって説明がうまくできなくて困るというお声も耳にします。

 

そんな時は当塾の自習室を “学びの場” として活用していただければ幸いです。

お子さまの学習に取り組む姿勢を変えたい。そんな方はぜひ当塾の授業の様子や自習室の様子をご見学いただいた上で,お子さまを当塾で学ばせてみてください。

きっかけを掴んで “愉しみながら学ぶ” 姿勢が身につくと,お子さまは劇的に変化します。

 

ただ授業をするだけでなく,お子さまが前向きに取り組める環境をつくることも私たちの使命のひとつなのです。

自習室は成長の場。今日も小学生・中学生・高校生と多くの生徒が自習室で真剣に取り組む姿を見て,改めて彼らに大きな可能性を感じました。