追いかける姿勢

2015.07.24_for blog_001

 

当塾は来週から夏期講習会 (サマーターム) に入るため,今週末までは通常の時間割にて授業を行なっております。

 

小中学校は学校の夏期休暇に入ったこともあって,昼または夕方の早い時間帯から自習室に来る生徒もいます。

自習に来た生徒たちの対応や入塾等の手続きにお越しになる保護者の方の対応,そして来週から始まるサマータームの準備で授業開始の夕方までここ数日はバタバタしている状況です。

 

高校生は夏期休暇に入っておりませんが,自習室はいつもと変わらぬ活況を呈しております。

本日も高校生用の自習室は早い段階で満席となり,高校生用にもう 1室を自習室に充てました。

7月末までに夏期課題を終え,8月からは自分で設定した各科の課題を計画に沿って進める。これが当塾の生徒たちの姿です。

 

学習だけに限った話ではありませんが,『追われたら負け』です。

課題等を熟すのに精一杯,あるいは課題さえも完遂できないという状況では学力向上など望めるはずもありませんし,“お膳立て” や “神頼み” に頼る姿勢もいただけません。

『追いかける姿勢』でもって日々学んでいくことが必要です。

 

当然ながら,塾や学校の授業も受けているだけでは意味はありません。

学んだことの振り返りと落とし込み,そして日々の積み重ねがとにかく重要ですから,“わかったつもり” をいかに排除できるかが学力および得点力向上のカギを握っているのです。