新年度入塾生,受付スタート!

2016.01.13_for blog_002

 

進路探究塾 Mirai は2016年度入塾生の受付を開始しました。

現時点で新小6生や新中3生,新高1生など,早々と入塾のご予約をいただいている方もいらっしゃいます。誠にありがとうございます。

 

来週からは現小5生から現中2生を対象に,『“みらい” がわかる体験会』と題して体験授業を実施します。日程はトップページに掲載しておりますのでご確認ください。

今回は科目を算数・数学に限定し,塾をご検討されている方に当塾の授業を体験していただければと考えております。

 

2016.01.13_for blog_001

 

『“みらい” がわかる体験会』の授業を行なう教員は日頃から上記学年の指導を担当している教員で,指導歴は間もなく丸 8年になる当塾の中学部責任者です。

小学校教員免許を持ち,自身の高校入試の際には数学と理科がそれぞれ100点,5科計で470点を獲得 (自己採点結果ではなく,高校から開示されたオフィシャルな結果) した経歴です。

現場で満点を獲得してきていることからも,生徒たちは数学の証明問題や理科の記述問題の添削を安心して依頼できるというわけです。

 

これまでの塾教員としてのキャリアにおいても,多くの生徒の定期テストや実力テスト,岐阜新聞テストなどの外部模試,そして高校入試における高得点および満点獲得をサポートしてきました。

これは,授業を通じて生徒に興味・関心を持ってもらい,科目の面白さや奥深さを語り,学ぶことの愉しさを語り,生徒が自主的に学ぶ姿勢をつくることに傾注してきた結果です。

当然ながら,この指導とは当て物のような予想問題をばらまいたり,怪しげな攻略法を伝授したとかそういう話ではありません。

そういった “お手軽なもの” を通じて獲得した得点と,すべきことを計画的に淡々と熟して獲得した得点のどちらに価値があり,どちらが高校進学後に役立つか。その答えは明白です。

 

以前のブログでも紹介したことがありますが,彼女は私の教え子で,私が指導を始めた当時は定期テストで400点に届かないような成績でしたが,努力を積み重ねて成績向上を果たしました。

苦労して獲得した学力が素地になっているからこそ,生徒に語れる,生徒に響くものがあるのだと思いますし,魅力ある授業・指導で多くの生徒から慕われています。

先日も京都大の市民講座『物理と宇宙』を受講するために京都へ出かけるなど,日頃からの研鑽も欠かしません。

 

『“みらい” がわかる体験会』。この機会にぜひ,他塾にはない当塾の指導を体験してみてください。

お問い合わせをお待ちしております。

 

2016年1月13日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : ito