当塾の高校生の進路指導方針

2015.12.18_for blog_000

 

当塾には高校生に内申を稼がせて,推薦で大学合格を目指すという選択肢はありません。

安易な近道を探ることなく,すべきことを淡々と熟したうえで門戸の広い一般入試で合格を勝ち取らせるというのが当塾のスタイルであり,これは揺るぎない方向性です。

 

先日のブログで高校生の定期テストに関して話題を上げましたが,この際に紹介した生徒以外にも定期テストできちんと得点できている生徒がいることがわかりました。

数名の生徒に聞き取ったところ,岐阜高の高2生 (理系) が後期中間テストで数学 III が95点で数学 B が93点だったそうで,100点ではないにしてもなかなかの結果と言えます。

他にも岐阜東高の高2生 (文系) が同じく後期中間テストで数学 II が100点,数学 B が95点,日本史が97点,古典が93点,英語が92点と91点など非常に頑張っています。

確たる目標を持って日頃からきちんと努力していればテスト直前にバタバタする必要もなく,過去問や予想問題がなくともこれだけの結果は残せるというわけです。

 

というより,学校の授業をきちんと聞き,教科書や参考書 (数学で言うと『Focus Gold』や『チャート式』) を理解し,傍用問題集を熟しておけば定期テストにおいて得点は取れます。

予想問題や『これさえ取り組んで (または,覚えて) おけば得点できる』的なまとめプリントのようなものはまさに “急場凌ぎ” に過ぎず,受験に向けては負の遺産を増幅させるだけです。

 

先述のような感じで当塾の生徒たちは定期テスト結果もなかなか良好のようですが,それでも当塾は上記した信念を曲げるつもりはありません。

大学は入学することが最終目標ではないからです。

 

大学に入学することが最終目標であれば,推薦という形態でもいいのかもしれません。

しかし,高校生は大学受験に向けた渾身の学習を通じて多くの一般教養を得るとともに,計画性や思考力,そして強靭な精神力および忍耐力を手に入れます。

大学の一般入試合格に向けてのプロセスは,社会に出てから求められるあらゆる素養が詰まっていると言っても過言ではないのです。

 

長い時間をかけて知識・理解を積み上げ,それらを熟成し,そして使い熟せるまでに昇華させる作業。

模試等で思うように得点が伸びない時には悩み,その状況を打開するべく努力し,考え抜き,または助言を得ながら解決策を見つけ出していく作業。

これらは大学に推薦で入学する高校生がほとんど体験しないプロセスですから,持論ではありますが,一般入学生と比べて推薦入学生は多くの点で分が悪いということは言うまでもありません。

一般入試で大学 (競争原理の働いているところに限る) 受験に臨むあらゆる準備が,人としての成長にもつながると私は考えます。

 

ただ,一般入学生であっても,そのプロセスが中途半端なものであれば推薦入学生と何ら変わらないどころか,むしろその価値は下がると思います。

高校生活を満喫,例えば進学校に通っているのに部活がメイン,次に遊び,時間が空けばスマホ三昧…。進学校に通う高校生であっても,こんな惨状があることを耳にします。

何をするにしても中途半端はいけません。部活も否定はしませんが,その分遊びや睡眠時間を削ってでも学習に時間を充てる気概がないとだめです。

 

夢を持ち,愉しみながら努力を続けられる高校生は素敵だと思います。それは学習であっても,スポーツであっても,芸術であってもよいと思います。

当塾は学習面のサポートを行なう機関ですから,教科指導や対話を通じて生徒たちの夢の実現の後押しをすること,そして良質な学びの環境を提供することが主な仕事です。

とは言っても,これまでのブログでも散々申し上げているように,その過程において生徒に楽をさせるような方法,言わば “お膳立て” の提供は行ないません。

成長を阻害する “お膳立て漬け” にすることなく,夢に向かって頑張ることの意義を教えることが私たちの使命だと考えております。

 

各種報道等からも明らかなことですが,大学を出ていれば職に就けるという時代は終わりました。

25年前と比較して同世代に占める大学入学者の比率は実に 2倍に達しており,大卒の肩書が持つ “ブランド力” は著しく低下しているのです。

私大は定員のおよそ半分,国公立大は15%が推薦での入学だそうですが,国公立大でさえ学生に対して高校履修内容の補習指導を行なうところがあると,耳を疑うような話も聞こえてきます。

また,全てのケースが当てはまるわけではありませんが,推薦入学生は就職において不利になるという見方が根強いのが事実です。

 

こういったことからも,先日のブログでも書いたように『大学入試改革』が行なわれるのです。

若い世代が考える力を失えば失うほど国力が低下していくのは明白ですから,楽をして大学に入学することが横行する現在の風潮にメスを入れるというわけです。

 

最後に,誤解のないように申し上げておきますと,私は推薦入試すべてを否定しているのではありません。

推薦で入学するにしても,高校在学中に各科ともセンター試験レベルの学習を積んでおき,一般入学生と遜色ない基礎学力・一般教養を有しているのであれば話は別です。