速読英単語 上級編

2016.03.25_001

 

当塾の高校部で学んでいる高2生の 2名が,Z会出版の『速読英単語 上級編』の単語テストに取り組んでいます。

 

以前のブログでも紹介しましたが,当塾では高校生に対して『速読英単語』の単語テストを実施しております。

具体的には,高1生の 4月から高2生の12月の21ヶ月間にわたって『入門編』と『必修編』のテストを行なうというものです。

これにコツコツと取り組んだ生徒は,これまでもセンター試験本番の英語 (筆記) で 8割を切ることはありませんでした。やはり単語は大切です。

 

『必修編』レベルで飽き足らない生徒には『上級編』に取り組ませます。

今回,彼女らは 3ヶ月をかけてこの単語テストを消化し,以降は本格的な二次対策指導に入っていきます。

 

この 2名は東京外大を志望しており,センター試験の英語は目処がついたことからこの取り組みを開始しました。

先日のブログでも紹介しましたが,彼女らはセンター試験型の演習では 9割 (180点) 以上を連発し,190点を超えることもしばしば。

高3生に進級する直前の出来としては申し分のないレベルに到達していますから,センター試験本番ではリスニングの50点と併せて250点満点を獲得してもらいたいと考えております。

 

『速読英単語 入門編・必修編』(Z会出版) を用いて語彙力を身につけ,『基礎英文法問題精講』(旺文社) と『基本英文700選』(駿台文庫) で文法・構文を落とし込みました。

短文の解釈と併せ,様々なジャンルの長文を多読・多聴することによって身につけた英語力がベースになっていますから,現時点でのセンター試験型演習の 9割という結果は必然なのです。

これさえやっておけば的な,得体の知れない “安易なもの” に取り組ませ,「得点できることもある」というような薄っぺらいものがベースになっているのではありません。

 

私の以前の教え子にも東京外大に合格している生徒がおりますが,今回紹介した彼女らも同様に合格へ導けるよう,今後も共に頑張っていきます。