子どもたちの成長

2015.08.27_for blog_000

 

私は塾で指導するようになって,今年で24年目となりました。

 

多くの方から「なぜ,学校ではなく塾なのか」と質問されます。

理由はいくつかありますが,私はこの問いに対して「長きにわたって,子どもたちの成長に携われるから」と答えています。

 

2020.09.10_999

 

私たちは長い生徒だと 5年,10年と指導にあたります。

その中で「○○ができるようになった」「苦手だった□□を克服した」といった感じで,歩みや成長をつぶさに感じられる場面が多々あり,私はそこがこの仕事の最大の魅力だと考えています。

 

学校であれば小学校または中高一貫校でも最長で 6年ですが,塾であればそれ以上の期間にわたって指導にあたることが可能です。

これまでの教え子を振り返っても,小学生の頃から大学合格まで通して指導にあたることができた生徒は大きな結果を残したケースが多いという印象です。

 

現在,当塾で学んでいる生徒の中にも,すでに10年近く指導にあたってきた生徒たちがいます。

そのうちの数名を紹介させていただきます。

 

2020.09.10_000

 

写真の 2名はいずれも高3生で,私たちは彼女らが小3生だった頃から指導しています。

指導を開始して今年で 9年目であり,高校受験も共に戦ってきた間柄です。

 

小学生の頃にコツコツと取り組む習慣を身につけ,中学生の頃は成長を続けてそれぞれ岐阜高・加納高の合格を勝ち取りました。

現在も大学合格に向けて当塾で頑張ってくれていますから,引き続きサポートしていきたいと考えています。

 

2020.09.10_001

 

続いて,中1生の 2名。なんと,この 2名も私たちの指導を受けて 9年目です。

それぞれの兄姉を指導していた縁で,幼稚園の頃から私たちのもとで学び続けてくれています。

 

彼らには 4年以上前のブログ (当時は小2生) にも登場してもらっていますが,当時と比べて随分と大きくなったなあと実感します。

これからも引き続き,彼らの成長を見守っていきたいと思います。