開塾から 1ヶ月 ~ 改めて当塾の指導の方向性をご紹介致します ~

2015.04.01_for blog_001

 

早いもので開塾から 1ヶ月が経過しました。

 

この間,多くの方にご入塾をいただきました。本当にありがとうございます。

保護者様のご期待にしっかりとお応えできるよう教員一同しっかりとお子さま方と向き合ってまいりますので,今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

 

進路探究塾 Mirai は “集団指導 + 個別指導” で,小学生の学習習慣・読書習慣の確立や,中学生の定期テスト対策や成績向上,そして高校の合格を実現する。

ここまでなら普通の塾と変わりませんが,私たちは上記とともに大学入試を見越したカリキュラムで小1生から高3生まで指導を行なう進学塾であるということが異なる点です。

 

各学年とも定員を定めた “少人数定員制” を敷いていることも特徴です。

これにより英語の授業は,塾長である私が当塾の英語科指導のスタートとなる小5生から大学受験の高3生までを一貫して担当・指導できるのです。

 

進路探究塾 Mirai では学年によって,またはクラスによって授業担当者が異なるということはありません。専門性の高い教科担当が,全学年とも一貫して指導できる体制を整えています。

例えば中学生を担当する教員は,岐阜高などの上位高への合格実績が豊富で,かつ名古屋大などの旧帝大レベル受験生の指導実績・合格実績のある教員です。

高校受験にしか対応できない,小中学生しか担当できないという教員は 1名もおりません。

 

つまり,私たちの指導は,中学生においては定期テストで良い点を取れればよい,高校に合格できればよいというようなものではありません。

あくまでも大学受験や子どもたちの将来を見越したものであるということです。

当塾には定期テストで480点や490点を取ってくる中学生も在籍しておりますが,彼らは決められたテスト範囲をしっかりと学習して定期テストに臨んでいるに過ぎません。

過去問題や予想問題の類には熱心には取り組んでおりませんし,私たちはそういったものを子どもたちに取り組ませるつもりもありません。

 

子どもたち自身が長期的な目標を持ち,その達成のために今は何をどのように取り組むべきかを共に考える。これが私たちの指導なのです。