新入塾生を募集しています

 

 

現在,当塾は 4月度の新入塾生を募集しております。

 

募集を行なっている学年は新中1生・新中2生・新中3生・新高1生・新高2生・新高3生です。

各学年とも定員に達した時点で募集を終了します。

 

受講説明会のご予約はお電話にて受け付けており,受講説明会は一斉の形式ではなくご家庭ごとの実施で,所要時間は約50分間です。

受講説明会と併せ,小中学生のお子さまは入室テスト,高校生のお子さま (新高1生を含む) は入室面談も同時に実施します。

 

現在の各学年の募集数 (定員) は以下の通りです。

 

[集団指導コース]

・新小5生 → 定員に達したため募集を停止しています (キャンセル待ち)

・新小6生 → 定員に達したため募集を停止しています (キャンセル待ち)

・新中1生 → あと 7名

・新中2生 → あと 3名

・新中3生 → あと 5名

・新高1生 → あと 2名

・新高2生 → あと 1名

・新高3生 → あと 3名

 

[個別指導専科コース]

・新中1生 → あと 1名

・新中2生 → あと 1名

・新中3生 → 定員に達しているため受付なし (キャンセル待ち)

・新高1生 → あと 1名

・新高2生 → あと 1名

・新高3生 → 定員に達しているため受付なし (キャンセル待ち)

 

当塾への入塾をご検討されている方は,お早めにお問い合わせをいただきますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

当面の受講説明会および入室テストの日程は以下の通りです (平日枠は新高1生から新高3生のみ対象とさせていただきます)。

 

・4月17日(土) 15時00分から15時50分

 

お問い合わせや受講説明会のご予約は,お電話の場合,毎週火曜日から土曜日の13時30分から19時の時間帯で承ります。

インターネットでの受付は24時間対応となりますが,フォームにご入力いただいたお電話番号またはメールアドレスに当塾の担当者から折り返し連絡させていただきますので予めご了承ください。

 

2021年4月15日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : ito

進路探究塾 Mirai の LINE 公式アカウント

 

当塾は2018年12月より LINE 公式アカウントを開設しており,『月次お知らせ』の掲示や各種警報発令時の休講情報の発信に活用しています。

 

友だち登録数は 300件を超え,多くの保護者様にご利用いただいていることを嬉しく思っております。

なお,当塾の低学年 (小1生から小4生) 指導部門である『あすなろ学習会』も LINE 公式アカウントを開設しており,こちらはおよそ 100件の登録数となっております。

 

当塾は複数の校舎を運営する塾ではなく 1校舎のみで運営している小さな塾ですから,合計して 400件超という登録数には感謝しかありません。

本当にありがとうございます。

 

友だち追加

 

スマートフォンからは,上記の『友だち追加』の画像をタップしてご登録いただくことも可能です。

入塾したばかり等でまだ登録がお済みでない保護者様は,ご登録いただきますよう宜しくお願い致します。

 

2021年3月4日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : ito

新高1生 新入塾生募集

 

まだ高校入試も終わっていない中ではありますが,公立高入試の前後は新高1生のお問い合わせをいただくことが多くなりますので,今回のブログは当塾の高校部のご案内をさせていただきます。

 

当塾の高校部は集団指導コース個別指導専科コースを設置しており,いずれのコースも学校準拠指導を一切行なわず,国公立大および難関私立大の受験対策指導に特化しています。

これまで 5期にわたり累計59名の卒塾生を送り出し,東京大京都大名古屋大など旧帝大に11名の現役合格者を輩出するなど優れた合格実績を上げています。

 

新高1生の授業開始は2021年 3月30日(水) ですが,当塾の中学部より進級した生徒は公立高入試翌日の 3月 4日(木) から英語・数学 I・数学 A・古文の 4科目の予習内容を先行実施します。

なお,数学 IA は高1生の 7月に修了,数学 IIB は高2生の 5月に修了するペースで指導しますので,早い時点で入試対策に移行することが可能なカリキュラム編成です。

 

 

当塾の高校部が上記のペースで指導するようになったのは 5期生が高校へ進学した2017年からです。

 

公立中出身生であっても私立中高一貫生や過年度生 (浪人生) とも渡り合える得点力を身につけていくためには,学校のペースに合わせていては心許ないというのが実情です。

新高1生が 3年後に難関大へ挑戦するためには,高校生活に慣れてからとか,部活の状況を見てからなどと悠長なことを言っていてはいけません。

 

公立中出身者は,中3生の夏以降の頑張りを高校では 3年間にわたって継続する気概がなければ,大学入試で結果を残すことは難しいのです。

 

 

県内にある高校生指導を行なう塾や予備校では,その多くが学校準拠指導や模試の対策といった “眼前のもの” に傾注していると聞きます。

当塾は学校準拠指導や模試の対策といった “眼前のもの” に囚われることなく,子どもたちが長い目で見た目標に向かって取り組んでくれたからこそ,高い合格実績が出せているのだと思います。

 

ぜひ,高校生指導を行なっている県内にある他の塾や予備校の合格実績と当塾の合格実績を比較してみてください。

併せて,その塾や予備校の高校生が通う校舎数 (教場数) がいくつあるかも調べてみるとよいでしょう。

 

先日のブログでも申し上げた通り,複数の校舎がある塾や予備校の合格実績は “合算” ですから,合格者数だけを見ていては本質は見えません。

 

 

高1生の集団指導コースの募集対象は岐阜高・岐阜北高・加納高 (普通) の公立高,または岐阜東高 (蛍雪)・鶯谷高 (英進 I 類) の私立高へ進学予定の生徒に限ります (県外私立高は応相談)。

 

上記いずれかの高校・コースに通うことが決まっていて,大学受験に向けた強い決意のある生徒のみが受講対象です。

興味のある方は,お気軽にお問い合わせください。

 

2021年2月24日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : ito

進路探究塾 Mirai の LINE 公式アカウント

 

当塾は2018年12月より LINE 公式アカウントを開設しており,『月次お知らせ』の掲示や各種警報発令時の休講情報の発信に活用しています。

 

友だち追加

 

スマートフォンからは,上記の『友だち追加』の画像をタップしてご登録いただくことも可能です。

まだ登録がお済みでない保護者様は,ご登録いただきますよう宜しくお願い致します。

 

2020年8月16日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : ito

中3生が定員に達しました

 

6月21日(日) をもって中3生の集団指導コースが定員に達し,入塾受付を終了しました。

公立中に通う中3生で入塾をご希望の方は「キャンセル待ち」となりますのでご了承ください。

 

この学年は小学部から継続して当塾で学んでいる生徒が多く,中学部から当塾へ入塾した生徒たちも頑張り屋さんが多いという印象です。

国公立大へ多く合格を勝ち取った 5期生と似た雰囲気で,今から大学受験が楽しみな学年です。

 

2020年6月21日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : ito

対面授業を再開します

 

当塾は以下に則り, 6月 2日(火) より対面授業を再開します。

 

[授業を行なうにあたっての当塾の対応]

・教員は出勤前に検温し,出勤時の消毒や勤務中の手洗いを定期的に実施するなど,衛生管理を徹底します

・教員は出勤時からマスクを着用し,授業や質問受付時もマスクを着用して対応します

・教員が発熱や風邪のような症状がある場合は出勤しません

・教室やトイレのドアノブなど,手が頻繁に接触する箇所を定期的にアルコール消毒します

・教室や自習室の窓や扉を定期的に開けて,室内の換気を行ないます

・授業時や自習時に,生徒は隣と十分な間隔を空けて着席させます

 

[受講および通塾にあたっての注意点]

・来塾時から在塾中,および帰宅時まではマスクを着用のこと (ご用意できない場合,当塾の備蓄分をご提供します)

・来塾時は入口設置の消毒を使用してから所定の教室へ向かうこと

・発熱や咳などの風邪のような症状が見られる場合は欠席すること

 

 

併せて,4月 2日(木) より停止していた新入塾生の募集受付を 5月26日(火) より再開します。

詳しくは『夏期 新入塾生募集』のページをご覧ください。

 

新中1生と新中3生は間もなく募集定員に達します。

興味のある方は,お電話またはお問い合わせフォームよりご連絡いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

 

2020年5月22日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : ito

オンラインでの指導をスタートしました

 

学校の休校が 5月末日まで延長と決まりました。

当塾もこれに倣い,新型コロナウィルスの感染拡大が落ち着くまでは塾内での対面指導をストップし,オンラインで指導を行なっていく方針です。

 

今週より中1生から高3生を対象に,各ご家庭との接続テストを兼ねて “オンライン自習室” と “オンライン質問受付” を実施しています。

来週からはこの対象を小5生と小6生にも拡大し,接続テスト完了後は全学年に対して “双方向ライブ授業” の実施へ移行していきます。

 

お子さま方が操作方法やオンラインでの指導の環境に慣れるまでの間,保護者の皆様方にご負担をおかけする可能性があることは重々承知しております。

しかし,新型コロナウィルス感染拡大防止のため,また,お子さま方の学びの機会を創出するためにご協力いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

 

名古屋大学工学部の環境土木⋅建築学科に合格最高点で合格!

 

県による非常事態宣言の発出を受け,当塾は今週より対面による指導をストップし,オンラインによる指導に切り替えました。

 

当塾は開塾以来,対面による指導にこだわってきましたが,コロナウィルス感染拡大防止の観点からも,現在お子さま方に塾へお越しいただいて授業を受けていただくという選択肢はありません。

落ち着くまでの間はオンラインによる指導で,お子さま方の学びの機会を創出したいと考えております。

 

今週は,写真にもあるような小グループでの授業や “オンライン自習室” などでご家庭との接続テストを兼ねた各種トライアルを実施中です。

来週からは順次,全学年を対象としてオンラインによる “双方向ライブ授業” を実施していきます。

 

 

コロナ禍の中ではありますが,非常に嬉しい知らせがありました。

 

今春の名古屋大学の入試結果の開示が始まっており,当塾から合格を掴んだ生徒たちからも続々とメール等で報告がありました。

そのうち 1名は結果が印字されたハガキを持参し,直接報告に来てくれました。

 

彼は中2生の 1月から高3生の 3月まで約 4年にわたって当塾で学び,今春に工学部の環境土木⋅建築学科に合格を勝ち取っています。

なんと,彼は学科内において合格最高点で合格していました (センター試験 563点/600点 (93.8%) と二次試験 959点/1,300点 (73.8%) で,合計 1,522点/1,900点 (80.1%) )。

 

2020年度入試における名古屋大学の学部⋅学科ごとの合格点の詳細はこちらをご覧ください (名古屋大学のホームページに移動します)。

 

 

拡大した画像を掲載します (念のため,氏名は消させていただきました)。

 

名古屋大学のような旧帝大に合格する,さらにはそれらに上位で合格するとなると,大手の予備校や塾で学ぶことが得策と考える方も多いでしょう。

しかし,今春の名古屋大学工学部の環境土木⋅建築学科に関しては,大手の予備校や塾で学んだ生徒ではなく,中学生の頃から大学合格まで当塾で学んだ生徒でした。

 

私共のような 1学年あたりの生徒数が15名あまりの地方の小さな塾から,昨春の東大の合格に続いてこのような素晴らしい結果が出たことを嬉しく思います。

 

 

当塾の塾生が『名大オープン』で優秀な結果を収めたと昨年のブログで紹介しましたが,この写真の帳票は彼のものです。

 

なお,彼は 8月実施分,11月実施分ともに成績優秀者として氏名が冊子掲載されました。

模試だけでなく,入試本番でもきっちりと持てる力を発揮してくれたことが非常に嬉しいです。

 

県による非常事態宣言の発出を受けて

 

コロナウィルス感染拡大はとどまるところを知らず,各種ニュースを耳にするたび胸が痛む日々が続いています。

 

当塾は県による非常事態宣言の発出を受け,4月14日(火) の週から対面による授業をストップすることを決定致しました。

小学生は郵送した課題に取り組んでもらう期間,中学生⋅高校生は第2週に手渡した課題に取り組むとともにオンラインにて質問受付を実施する期間と設定します。

 

中学生・高校生がオンラインにて使用するアプリは授業時に配布した文書に記載しておりますので,そちらをご確認ください (欠席者には郵送致しましたので到着をお待ちください)。

なお,4月12日(日) から当面の間は,火曜日から土曜日の13時30分から22時30分の時間帯で出勤しておりますが,自習室の利用はできません (日曜日・月曜日は完全休塾)。

 

 

授業再開は 4月28日(火) からの週で検討しており,当面は時限措置でオンラインによる授業実施も視野に入れております。

 

時限措置とはいえ,開塾時からこだわり続けてきた「対面指導」を止めなければならないというのは断腸の思いです。

しかし,お子さま方をはじめ,保護者様ならびにご家庭の方々,そして当塾の職員たちをウィルスから守るためにも必要な措置と考えております。

今後の指導詳細は決まり次第,LINE アカウントおよび当ブログにてお伝えします。

 

近いうち,以前のようにマスクなしでお子さま方と笑顔で向き合える日が戻ることを祈り,今はじっと耐えようと思います。

 

2020年4月11日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : ito