夢の実現に向けて

 

当塾が目指すのは長い目で見た子どもたちの成長であり,子どもたちの将来の『夢の実現』です。

 

子どもたちには “点数が取れるだけ” の中高生,または “学歴があるだけ” のつまらない大人になってほしくないというのが私たちの願いです。

ですから,当塾は学習指導と併せて将来設計指導人格形成にも力を入れています。

 

子どもたちが将来の夢を持ち,その夢を実現するためにコツコツと学び,日々成長を実感する。

定期テスト実力テスト,そして高校受験や大学受験さえも『夢の実現』に向けた通過点に過ぎないのです。

 

 

これまでのブログでもお伝えしてきたように,当塾は定期テストや実力テストに向けて過去問や予想問題を演習させるといった指導を行なっておりません。

 

過去問や予想問題に勤しんで得た結果に価値を見出せないというのが私たちの考えで,それらは長い目で見て子どもたちの成長を阻害する可能性があると考えています。

さらには,過去問や予想問題があるせいで学習が場当たり的なものになってしまい,中長期的な目標を持って日々の学習に臨めなくなることを不安視しているからです。

 

 

以前のブログでも紹介したように,過去問や予想問題がなくとも,当塾の中学生は定期テストや実力テストはもちろん,通知表もしっかりと結果を残してきます。

 

ブログで取り上げている中1生に関して言えば,この学年は在籍生の半数以上が小5生以前に入塾した生徒 (あすなろ学習会から進級) であり,入塾テストは受験していない生徒が大半です。

ここからも,当塾はもともと学力の高い生徒だけを集めている塾ではないということをわかっていただけると思います。

 

当塾は2018年より入塾基準を設定しておりますが,小学部から中2生までは入塾基準はそれほど高くはなく,以降は学年が上がるにつれて徐々に入塾基準が高くなります。

高校生になって劇的に学力が向上することは考えにくいということから,高校部は入塾基準を高く設定しています。

 

現在,当塾では新小5生から新高3生の新入塾生を募集しておりますので,当塾の指導に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。