現在は紹介の方に限り新入塾生を受け付ています

 

 

当塾は現在,紹介の方に限り新入塾生を受け付ています (チラシ画像をクリックまたはタップすると拡大します)。

 

受付学年は集団指導コースが小6生から高3生,個別指導専科コースが中1生・中3生・高2生・高3生で,各学年とも定員に達した時点で募集を終了します。

小5生は定員に達したので募集停止中,中2生の集団指導コースは定員まであと 1名となっております。また,高3生の集団指導コースは受験体制に入るため 7月末で募集終了となります。

 

受講説明会のご予約はお電話にて受け付けており,受講説明会は一斉の形式ではなくご家庭ごとの実施で,所要時間は約50分間です。

受講説明会と併せ,小5生から中2生のお子さまは入室テスト,中3生から高3生のお子さまは入室面談も同時に実施します。

 

 

受講説明会および入室テストの日程は以下の通りです (平日枠は中3生から高3生のみ)。

 

・ 7月26日(金) 19時30分から20時20分

・ 7月27日(土) 15時00分から16時20分

 

お問い合わせや受講説明会のご予約は,お電話の場合,毎週火曜日から土曜日の13時30分から19時の時間帯で承ります。

インターネットでの受付は24時間対応ですが,フォームにご入力いただいたお電話番号またはメールアドレス宛へ折り返し連絡後に日時が確定となりますので予めご了承ください。

 

2024年7月23日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : ito

前期中間テスト《中学生》

 

中学部の前期中間テスト結果が出揃いましたので,自己ベスト更新や目標点達成など,顕著な結果を残した塾生を各学年より 1名ずつ紹介します。

 

475点《桜丘中・中1生 (通塾歴 0年 4ヶ月) 》〔目標点を25点オーバー!〕

483点《中央中・中2生 (通塾歴 2年 6ヶ月) 》〔前回より46点アップ! (自己ベスト更新)

398点《中央中・中3生 (通塾歴 3年 4ヶ月) 》〔前回より32点アップ! (自己ベスト更新)

 

これまでのブログでもたびたびお伝えしているように,当塾は中学生・高校生に対して過去問や予想問題を用いた定期テスト対策指導を一切行なっておりません。

当塾の塾生たちは指定されたテスト範囲をきっちりと理解し,学習習慣を確立して真摯に取り組んだ結果として上記の得点を獲得しているのです。

 

定期テスト対策指導に強みがある塾には当塾の塾生たちよりも高得点を収める塾生がたくさん在籍していると思いますが,当塾はそういった塾とは一線を画していますので追うことはしません。

 

 

以前のブログでもお伝えしたことがありますが,当塾14期生にあたる中2生は学力・意識とも非常に高い塾生が多く在籍しています。

中2生の集団指導コースには15名の公立中生が在籍していて,そのうち10名が450点を超えました (蘇原中生の得点は 5月・6月・7月実施の中間テストの 3回の合計点)。

 

483点《中央中・中2生 (通塾歴 2年 6ヶ月) 》

482点《蘇原中・中2生 (通塾歴 1年 5ヶ月) 》 ※ 5月実施が 146点/150点,6月実施が 169点/175点,7月実施が 167点/175点

478点《蘇原中・中2生 (通塾歴 1年 3ヶ月) 》 ※ 5月実施が 145点/150点,6月実施が 169点/175点,7月実施が 164点/175点

478点《蘇原中・中2生 (通塾歴 0年 9ヶ月) 》 ※ 5月実施が 143点/150点,6月実施が 167点/175点,7月実施が 168点/175点

471点《蘇原中・中2生 (通塾歴 0年 4ヶ月) 》 ※ 5月実施が 135点/150点,6月実施が 165点/175点,7月実施が 171点/175点

462点《鵜沼中・中2生 (通塾歴 7年 0ヶ月) 》

462点《中央中・中2生 (通塾歴 7年 4ヶ月) 》

460点《桜丘中・中2生 (通塾歴 1年 6ヶ月) 》

460点《蘇原中・中2生 (通塾歴 0年 5ヶ月) 》 ※ 5月実施が 131点/150点,6月実施が 168点/175点,7月実施が 161点/175点

450点《中央中・中2生 (通塾歴 6年 6ヶ月) 》

 

中2生の集団指導コースはあと 1名の入塾枠が残っていますので,高校受験で終わることなく大学合格や将来の夢の実現に向けて当塾の塾生諸君と共に頑張れる新入塾生をお待ちしています。

 

夢は叶う

 

私は塾で仕事をするようになって何年か経った時,ふと教え子の結婚式に呼んでもらえるような先生になりたいと考えていました。

 

以前のブログでも紹介したように,ありがたいことに幾度もそのような機会に恵まれて夢を叶えることができただけでなく,中には新郎新婦が共に教え子という嬉しい式もありました。

仕事の都合で止むを得ず欠席となった式も数多くありますが,教え子の晴れの日に招いてもらえることは非常に光栄なことだと考えています。

 

 

私は塾で指導するようになって今年で28年目ですが,Mirai を立ち上げた頃にはいつか教え子の子どもを指導したいと思うようになっていました。

 

先日いろいろな偶然が重なって古い教え子と再会し,その際に中高生の頃の懐かしい話から現在の仕事の話,そして子育てに関する話で盛り上がりました。

彼は岐阜北高から慶應義塾大に進んだ教え子で,指導していたのは今から20年以上も前のことですが,今回の再会は彼がまだ慶應の学生だった頃に食事へ行って以来のことでした。

 

再会から数日が経ち,彼の奥様も同席のもとお子さんに関する相談を受ける過程で Mirai に入塾することが決まり,およそ10年越しで教え子の子どもを指導するという夢が叶うことになりました。

彼は非常に優秀な生徒でしたし,何より “愉しみ” ながら学ぶ姿が非常に印象的な生徒でしたから,将来の夢をちゃんと口にできる彼のお子さんにも同じように学んでもらえたらと思います。

 

併せて,はるばる岐阜市の中心部から通っていただけることにも感謝!

 

2024年7月4日 | カテゴリー : 感謝 | 投稿者 : ito

過去問に頼らずとも

 

昨年度,蘇原中で集団指導コースに在籍する中2生 (当塾13期生) は 3名でしたが,今春より 3名が加わって 6名となり,自己ベスト更新など目に見える形で成果が出ています。

 

これまでのブログでもたびたびお伝えしているように,当塾は中高生に定期テストや実力テストの過去問・予想問題に取り組ませる指導を一切行なっていません。

安易に過去問や予想問題に頼るのではなく,決められた範囲をきっちりとやり抜くといった当然の準備をして臨めば結果は自ずとついてきます。

 

今回のブログは13期生の 6名全員から提出があった 6月の中間テスト結果で,彼らの平均は500点に換算すると476点。過去問に頼らずと考えるとなかなかの結果と言えます。

 

[蘇原中の 6月実施分の中間テスト] ※ 500点換算

482点 (169点/175点)〔内訳:国語 97点 (34点/35点),数学 100点 (35点/35点),英語 85点 (30点/35点),理科 100点 (35点/35点),社会 100点 (35点/35点)〕

482点 (169点/175点)〔内訳:国語 97点 (34点/35点),数学 88点 (31点/35点),英語 100点 (35点/35点),理科 97点 (34点/35点),社会 100点 (35点/35点)〕

480点 (168点/175点)〔内訳:国語 94点 (33点/35点),数学 100点 (35点/35点),英語 85点 (30点/35点),理科 100点 (35点/35点),社会 100点 (35点/35点)〕 ※ 自己ベスト更新

477点 (167点/175点)〔内訳:国語 100点 (35点/35点),数学 100点 (35点/35点),英語 82点 (29点/35点),理科 100点 (35点/35点),社会 94点 (33点/35点)〕

471点 (165点/175点)〔内訳:国語 88点 (31点/35点),数学 88点 (31点/35点),英語 100点 (35点/35点),理科 100点 (35点/35点),社会 94点 (33点/35点)〕

462点 (162点/175点)〔内訳:国語 97点 (34点/35点),数学 100点 (35点/35点),英語 71点 (25点/35点),理科 100点 (35点/35点),社会 94点 (33点/35点)〕 ※ 自己ベスト更新

 

子どもたちを “過去問漬け” にすることは,決められたテスト範囲をやり抜く意識が薄れることに加え,何より最も恐ろしいのは彼らから考える力を奪うことです。

高得点を取らせるため過去問にひたすら取り組ませる塾 (大手) があると塾生諸君から聞いていますが,岐高や北高へ進んでも全く伸びない生徒が多数いる要因はここにあるのではないでしょうか。

 

眼前の結果を追うのではなく,長い目で見た子どもたちの成長と彼らの将来の夢の実現が Mirai の目指す方向性です。

 

岐阜学区内主要公立高と県内外私立高の大学合格実績《2024年春》

 

岐阜市内の 5高および各務原市内の 2高の,今春の大学合格実績が各高校のホームページ上で公表されています。

 

それらに加え,当塾の生徒が併願で受験する可能性がある愛知県・岐阜県の私立 5高の主要大学の合格実績と,岐阜県内で国公立大学医学医学科の合格実績があるところを一覧にまとめました。

上記の画像をクリックすると PDF ファイルが開きますので,よろしければご覧ください。

 

2024年6月18日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : ito

好結果が続々と《中央中》

 

中央中は市内の他の中学校よりも先行して前期中間テストを実施したこともあって,5科の結果が揃う塾生が続々と出てきています。

まだ集計中ではありますが,5科計が400点を超えている塾生で前回 (学年末テスト) よりも得点を向上させた中央中の 5名を紹介します。

 

462点《中央中・中2生 (通塾歴 7年 3ヶ月) 》〔前回より63点アップ!〕 ※ 自己ベストタイ

448点《中央中・中2生 (通塾歴 3年10ヶ月) 》〔前回より47点アップ!〕

483点《中央中・中2生 (通塾歴 2年 5ヶ月) 》〔前回より46点アップ!〕 ※ 自己ベスト更新

448点《中央中・中3生 (通塾歴 3年 3ヶ月) 》〔前回より36点アップ!〕

450点《中央中・中2生 (通塾歴 6年 5ヶ月) 》〔前回より17点アップ!〕

 

これまでのブログでもたびたび申し上げてきたように,当塾は定期テスト前に過去問や予想問題に取り組ませる指導は一切行なっていません。

ですから,彼らの得点は決められたテスト範囲をきっちりとやり抜いた結果であり,過去問や予想問題に縋って捻り出した得点ではないということが大きなポイントです。

 

過去問や予想問題に頼らない姿勢は,高校進学後に大きな差となって表れます。

 

次の 6年後

 

以前のブログで紹介した『スーパーカミオカンデ』のパズル。

 

東大へ進んだ卒塾生 (当塾 4期生) が高2生だった当時に完成させてくれたものを,長らく応接室に飾っていました。

飾り始めてから 6年以上が経過し,日焼けでずいぶんと色褪せてしまったことを受けて先日新しいものに交換しました。

 

 

今回入れ替えた『スーパーカミオカンデ』のパズルを完成させてくれたのは滝中に通う中1生 (当塾15期生) で,自習に来た際などに少しずつ取り組み,数日に分けて完成に漕ぎつけました。

 

6年前,当時はまだ高校生だった 4期生が東大へ進む未来は見えていましたが,昨年のブログでも取り上げたように東大の工学部航空宇宙工学科を首席で卒業する未来は見えませんでした。

15期生が大学に進学する頃には今は真新しいのパズルも色褪せてしまっているでしょうが,次の 6年後には卒塾生の諸君がどんな驚くべき成果を出してくれているかを考えるとわくわくします。

 

2024年6月1日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : ito

将来設計指導《2024年 5月度》

 

本日,小5生から中3生,高校生の希望者を対象に将来設計講座『みらい』を実施しました。

 

前回の Web エンジニア,前々回の新聞記者に続き,今回は岐阜県内の大規模病院 (民間) にて勤務する医師を招いての講演でした。

これまでの将来設計講座と同様に,今回の講演を担当してくれた医師も私の教え子で,中学生の頃から高校卒業まで約 5年間にわたって指導した教え子です。

 

開塾以来,さまざまな分野のプロフェッショナルを招いて将来設計講座を実施してきましたが,どの講演者も塾生たちにとってお手本となる素晴らしい人材ばかりでした。

 

 

本日実施した講演の骨子は以下の通りです。

 

・自己紹介

・小中学生の頃を振り返って

・医師を志したきっかけ

・大学での学び

・医師の 1日

・今後の目標と将来設計

・塾生たちへメッセージ

 

 

彼女の中高生の頃を振り返ると本当に頑張り屋さんでしたし,当時から非常に礼儀正しく,人間的にも素晴らしい模範的な存在でした。

 

大学生の頃や医師となってから当塾へ顔を出してくれた際,あるいは食事の席で会話していても当時と変わらない気配りや細かな所作が垣間見れる瞬間が幾度となくあり,いつも感心しています。

また,学びに対しても相変わらず貪欲で,いろいろな面で医師となった今も良い意味で変わっていないところが嬉しいです。

 

当塾には医師を志す中高生が多く在籍していますし,卒塾生にも現役で合格した 3名をはじめ,浪人して医学部へ進んだケースも含めると将来は医師として活躍する卒塾生が続々と出てきます。

彼らにも将来は彼女のような素敵な医師になってほしいと心から願います。

 

教え子との再会 Vol. 034

 

当塾 8期生でアメリカの大学へ進学した卒塾生が 1年次の Academic Year を終え,帰省に際して Mirai に顔を出してくれました。

 

向こうへ行ってからも何度かテキストメッセージで報告をもらっていましたが,会って話すのはおよそ 1年ぶりでしたし,元気な姿を見せてくれて嬉しかったです。

大学での学びやアメリカでの日々を嬉しそうに報告してくれる姿に安心しましたし,学業成績も非常に良好とのことで感心しました。

 

一緒に写真に収まっている 3名は彼女と同じく当塾 8期生で,学生講師として力を貸してくれている卒塾生です。

それぞれ名大の工学部,名市大の医学部,岐大の社会システム経営学環で学んでおり,アメリカの大学へ進学した卒塾生を含め,高校生の頃は目標に向かって共に Mirai で頑張っていた面々です。

 

今日は久々に再会してそれぞれの近況や思い出話に花を咲かせていましたが,これからも互いに高め合える関係でいてくれたら嬉しいです。

 

小学生も頑張っています!

 

新学年 (新小5生から新高3生) の授業を開始し,早いもので 1ヶ月半が経過しました。

 

写真は今春より小5生になった塾生たちが漢字の学習に取り組んでいる際のもので,もうすっかりと Mirai の塾生らしく黙々と机に向かう姿が見られます。

当塾17期生にあたる今年度の小5生は『あすなろ学習会』から進級した 8名と,進路探究塾 Mirai の新小5生として入塾した 3名を合わせた11名が在籍しており,良い意味で活気のある学年です。

 

なお,『あすなろ学習会』から通塾している 8名の中には2019年の10月から通っている塾生が 2名おり,当時はまだ小学校に入学する前の幼稚園児 (年長) でした。

4年半にわたって通塾してくれている 2名から通塾を開始して間もない 3名まで非常に良い子たちが集ってくれましたから,8年後に向けて彼らをしっかりと指導していきたいと考えています。

 

現在,小5生は12名の定員に対して11名が在籍している状況で,あと 1名分の枠が空いています。

残り 1名に関しては一般募集は 9月以降と考えており,それまでは紹介の方に限り入塾を承ります。興味のある方はご相談いただければ幸いです。

 

 

当塾の小学部は毎週にわたって漢字テストを実施しており,9月末には小5生は193字,小6生は191字の学年配当の漢字を修了するペースで指導を行なっています。

以降,10月から12月末まで復習を繰り返し,年明けの 1月に漢字検定 (小5生は 6級,小6生は 5級) を受検するというのが当塾の小学部における漢字指導の基本的な流れです。

 

小学部の塾生たちには毎週の漢字テストを通じ,言葉の習得と併せて “決められた範囲をしっかりとやり抜く” 習慣を身につけて中学校へ進学してもらいたいというのが私たちの根底にある考えです。

ですから,年明けの 1月に漢字検定を受検してもらうにあたり,塾生たちに目標は満点合格,最低でも得点率 9割に到達することを求めています。

 

また,小6生の 9月末の時点で漢検 5級が 9割に到達している場合,1月実施を待たずに秋の時点で 5級を受検してもらい,検定後は中学校で習う漢字の先取り学習に取り組んでもらっています。

これまでも小6生の 1月に漢検 4級,中1生の 1月に漢検準2級に合格した塾生もかなりの数に達しますし,中には中2生の 6月に漢検2級に合格した塾生もいます。

 

上記の中2生で漢検 2級に合格した塾生は小4生の終わりに入塾し,当塾の中学部を経て岐阜高に合格し,次の大きな目標に向かって現在も当塾で学びを継続しています。

当塾はたとえ小学生であっても漢字検定に向けた準備を大学受験を見据えたものと位置付け,単なる検定の合格にとどまらせることのないよう注意を払っています。