塾長ブログ


進路探究塾 Mirai 塾長のブログです。

10月度入塾生を募集しています

2020.09.15_進路探究塾 Mirai チラシ_001_Web 2020.09.15_進路探究塾 Mirai チラシ_002_Web

 

現在,当塾は10月度の新入塾生を募集しており,9月15日(火) に新聞チラシを折り込みました。

募集を行なっている学年は小5生・小6生・中2生・高2生・高3生です (中1生・中3生・高1生は定員に達しているため,キャンセル待ちとなります)。

 

受講説明会のご予約はお電話にて受け付けており,受講説明会は一斉の形式ではなくご家庭ごとの実施で,所要時間は約50分間です。

受講説明会と併せ,小5生・小6生・中2生のお子さまは入室テスト,高2生・高3生のお子さまは入室面談も同時に実施します。

 

現在の各学年の募集数 (定員) は以下の通りです。

 

・小5生 → あと 1名

・小6生 → あと 4名

・中1生 → 定員に達したため受付終了 (キャンセル待ち)

・中2生 → あと 3名

・中3生 → 定員に達したため受付終了 (キャンセル待ち)

・高1生 → 定員に達したため受付終了 (2021年 1月より募集再開予定)

・高2生 → あと 2名

・高3生 → 応相談

 

当塾への入塾をご検討されている方は,お早めにお問い合わせをいただきますよう宜しくお願い申し上げます。

 

2015.06.24_for blog_001

 

当面の受講説明会および入室テストの日程は以下の通りです。

 

・ 9月24日(木) 19時30分から20時20分

・ 9月26日(土) 15時00分から15時50分

・ 9月27日(日) 13時30分から14時20分

・10月 1日(木) 19時30分から20時20分

・10月 3日(土) 15時00分から15時50分

・10月 4日(日) 10時30分から11時20分

 

お問い合わせや受講説明会のご予約は,お電話の場合,毎週火曜日から土曜日の13時30分から19時の時間帯で承ります。

インターネットでの受付は24時間対応となりますが,フォームにご入力いただいたお電話番号およびメールアドレスに当塾の担当者から折り返し連絡させていただきますので予めご了承ください。

 

2020年9月20日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : ito

来春の高校入試日程に関して

2016.08.30_101

 

来春の岐阜県公立高校入試日程が固まりました。

 

[出願期間] 2021年 2月10日(水) から 2月16日(火) ※ 2月11日(祝)・13日(土)・14日(日) は除く

[変更期間] 2021年 2月17日(水) から 2月22日(月) ※ 2月20日(土)・21日(日) は除く

[検査期日] 2021年 3月 3日(水) ※ 一部の学校では 3月 4日(木) にも実施

[合格発表] 2021年 3月21日(日)

 

当初,検査期日は 2021年 3月 9日(火) で予定されていましたが「追検査」の設定を受けて 1週間近く繰り上がることとなりました。

合格発表は 2021年 3月21日(日) で検査日から 2週間以上とかなりの日数があり,これは異例とも言える設定です。

 

受験生が新型コロナウィルスに感染または濃厚接触者となった場合,「追検査」として後日に検査日程が変更となります。

「追検査」は 2021年 3月18日(木) に実施で,合格発表は「追検査」の結果も踏まえてなされる形で決着しました。

 

また,検査日の繰り上がりに併せて,出題範囲が削減されることも決定しました。

詳細はこちらをご確認ください (岐阜県公立高等学校入学者選抜「新型コロナウィルス感染症への対応について」のページへリンクします)。

 

2018.04.10_900

 

来春の新型コロナウィルス感染拡大状況は全く予想できませんが,どのような状況であっても入試が実施されないということは考えられません。

受験生は感染予防に努めつつ,来るべきその日に向けて “すべきことを淡々と熟す” ことが求められます。

 

2020年9月17日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : ito

前期期末テスト《中学生・速報》

2020.09.15_001

 

先週に実施された,中学生の前期期末テスト結果返却が始まっています。

本日時点で 5科すべてが返却されている生徒のうち,自己ベストを更新した生徒を紹介します。

 

486点《蘇原中・中1生 (通塾歴 2年 6ヶ月) 》〔前回より 6点アップ! (自己ベスト更新) 〕

474点《蘇原中・中1生 (通塾歴 0年 7ヶ月) 》〔前回より 1点アップ! (自己ベスト更新) 〕

473点《中央中・中1生 (通塾歴 3年10ヶ月) 》〔前回より21点アップ! (自己ベスト更新) 〕

464点《稲羽中・中3生 (通塾歴 2年 7ヶ月) 》〔前回より12点アップ! (自己ベスト更新) 〕

440点《那加中・中1生 (通塾歴 5年 6ヶ月) 》〔前回より 9点アップ! (自己ベスト更新) 〕

409点《中央中・中3生 (通塾歴 1年 7ヶ月) 》〔前回より 5点アップ! (自己ベスト更新) 〕

391点《桜丘中・中3生 (通塾歴 1年 2ヶ月) 》〔前回より21点アップ! (自己ベスト更新) 〕

 

2020.09.15_004

 

これまでのブログでもお伝えしているように,当塾では定期テストや実力テストに向け,過去問や予想問題を演習させるといった指導を行なっておりません。

過去問や予想問題に勤しんで得た結果に価値を見出せないというのが私たちの考えで,それらは長い目で見て子どもたちの成長を阻害する可能性があると考えています。

 

2020.09.15_002

 

前期中間テストに続き,多くの生徒がなかなかの結果を残してくれました。

私たちは,過去問や予想問題といった安易なものに頼ることなく自己ベストを更新した彼らを誇りに思います。

 

子どもたちの成長

2015.08.27_for blog_000

 

私は塾で指導するようになって,今年で24年目となりました。

 

多くの方から「なぜ,学校ではなく塾なのか」と質問されます。

理由はいくつかありますが,私はこの問いに対して「長きにわたって,子どもたちの成長に携われるから」と答えています。

 

2020.09.10_999

 

私たちは長い生徒だと 5年,10年と指導にあたります。

その中で「○○ができるようになった」「苦手だった□□を克服した」といった感じで,歩みや成長をつぶさに感じられる場面が多々あり,私はそこがこの仕事の最大の魅力だと考えています。

 

学校であれば小学校または中高一貫校でも最長で 6年ですが,塾であればそれ以上の期間にわたって指導にあたることが可能です。

これまでの教え子を振り返っても,小学生の頃から大学合格まで通して指導にあたることができた生徒は大きな結果を残したケースが多いという印象です。

 

現在,当塾で学んでいる生徒の中にも,すでに10年近く指導にあたってきた生徒たちがいます。

そのうちの数名を紹介させていただきます。

 

2020.09.10_000

 

写真の 2名はいずれも高3生で,私たちは彼女らが小3生だった頃から指導しています。

指導を開始して今年で 9年目であり,高校受験も共に戦ってきた間柄です。

 

小学生の頃にコツコツと取り組む習慣を身につけ,中学生の頃は成長を続けてそれぞれ岐阜高・加納高の合格を勝ち取りました。

現在も大学合格に向けて当塾で頑張ってくれていますから,引き続きサポートしていきたいと考えています。

 

2020.09.10_001

 

続いて,中1生の 2名。なんと,この 2名も私たちの指導を受けて 9年目です。

それぞれの兄姉を指導していた縁で,幼稚園の頃から私たちのもとで学び続けてくれています。

 

彼らには 4年以上前のブログ (当時は小2生) にも登場してもらっていますが,当時と比べて随分と大きくなったなあと実感します。

これからも引き続き,彼らの成長を見守っていきたいと思います。

 

頑張る中1生

2020.09.05_001

 

中1生が 2回目となる定期テストに向けて頑張っています。

 

本日,彼らは19時30分から22時の時間帯で授業が組まれていましたが,多くの生徒が夕食を持参して昼から自習に来ていました。

授業開始の 3時間前には全員が揃い,どの生徒も黙々と自分のすべきことに取り組んでいました。

 

今年度の中1生は小学部から当塾で学んでいる生徒が多く,学習習慣が身についていることに加え,目標を持って取り組める生徒が多いことが特徴です。

前期中間テストでも彼らはなかなかの結果を残していましたが,来週に実施される前期期末テストでも好結果を残してくれることでしょう。

 

非常に楽しみです!

 

夢へ一歩一歩

2020.08.31_001

 

本日,昨春に東京大へ進学した卒塾生から嬉しい知らせが届きました。

報告の内容は,予てより志望してきた航空宇宙学の内定を勝ち取ったというものです。

 

5年前のブログでも述べましたが,小学生・中学生の時点で将来を見据えて学ぶことが重要であり,受験を突破できさえすればよいという “短絡的な目標” で行動するのは違うと考えます。

なお,このブログに登場している中3生というのは現在は東大生になっている卒塾生のことです。

 

2020.07.12_001

 

彼女は先日も,1年時の成績報告と後輩たちへのアドバイスを兼ねて当塾へ顔を出してくれました。

 

私たちは彼女と知り合ってもう10年を超えましたが,彼女が中学生の頃に掲げた夢に向かって着実に歩みを進めていることが本当に嬉しいです。

教え子が立派に成長していく姿を見られることがこの仕事の醍醐味だと改めて感じました。

 

20171.11.22_001

 

東大は他の大学と異なり,学部 (学科) ごとの募集ではなく,理系であれば理科一類から理科三類,文系であれば文科一類から文科三類といった科類ごとに募集が行なわれます。

ざっくりと,理科一類は工学部や理学部,理科二類は農学部や薬学部,理科三類は医学部へ進学することになりますが,2年次前期までの基礎科目の成績で 3年次以降の学部・学科が確定します。

 

入学からの 2年間は教養学部に属し,基礎科目の学びを通じて 3年時からの学部・学科の “振り分け”,つまり「進学選択」が行なわれます。

基礎科目の成績の平均点が上位の学生から志望する学部・学科に内定する仕組みで,人気のあるところだと “内定ライン” が非常に高くなることもあります。

 

つまり,大学入学後もしっかりと学び続けなければ,希望する学部・学科への進学すら危ういというのが東大の「進学選択」の仕組みです。

さまざまな意見があろうかと思いますが,私はこの制度に賛成の立場であり,少なくとも旧帝大では同様の制度を実施すべきと考えております。

 

2020年8月31日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : ito

やはり人材は重要

image148

 

進路探究塾 Mirai は複数の校舎 (教場) を展開する塾ではなく,各務原市蘇原の 1校舎のみで運営している小さな塾です。

 

当塾が複数校舎の展開をしない理由はいくつかありますが,最たるものは指導の質が低下することを懸念してのものです。

どこの店舗でも基本的に同じものが買える小売店の業態とは異なり,塾の業態は人材によって差が出る業態だと私は考えます。

 

優れた人材を集めるのは本当に難しく,母体が学校法人であるとか株式を公開しているなど全国規模で校舎を展開している塾ならまだしも,私共のような小さな塾であれば尚更です。

また,岐阜県でのみ複数校舎を展開している塾,または岐阜県と隣県でのみ展開しているといった程度の規模の塾に優れた人材が続々と集まってくるでしょうか。

 

当然ながら,答えは No です。

 

2020.08.20_002

 

極論を述べると,塾という業態において複数校舎 (店舗) を展開するというのは経営者のエゴでしかありません。

同じ品質が保てるのは教材くらいのもので,どの校舎でも同等のサービスが提供されるというのは考えにくく,人材の品質や設備に必ず凸凹が発生します。

 

例えば 1つの校舎で運営を行なっていた塾が離れた場所にもう 1校舎を出すことになれば,もとの校舎にいた人材が新しい校舎の責任者として着任するなどスタッフの異動が生じます。

塾が新しい校舎を出す際に全スタッフが新人ということはあり得ませんから,結果として指導力のある教員が分散することになるわけです。

 

これは顧客のためになるかといえば,当然ながら,こちらも答えは No です。

 

2016.08.30_001

 

経営状況や人材不足等の理由により,新規で出校した拠点を数年で閉鎖しなければならないなんてこともあります。

内部・外部を問わず,経営者のエゴのために犠牲になってしまう人がいてはならないというのが私の信条です。

 

先日のブログでも申し上げましたが,やはり塾は人材が最重要です。

人が辞めていく組織,人が離れていく組織は何かしら “大きな問題” を抱えていると言わざるを得ません。

 

年中にわたって人材募集を行なっている塾や,あろうことか「未経験者歓迎!」などと銘打って人材募集を行なっている塾は “大きな問題” を抱えていると考えられます。

あるいは,経営者が教育という本分を忘れ,事業の拡大にしか興味を示せていない表れと言えます。

 

進路探究塾 Mirai の LINE 公式アカウント

2020.08.06_001

 

当塾は2018年12月より LINE 公式アカウントを開設しており,『月次お知らせ』の掲示や各種警報発令時の休講情報の発信に活用しています。

 

友だち登録数は 300件を超え,多くの保護者様にご利用いただいていることを嬉しく思っております。

なお,当塾の低学年 (小1生から小4生) 指導部門である『あすなろ学習会』も LINE 公式アカウントを開設しており,こちらはおよそ 100件の登録数となっております。

 

当塾は複数の校舎を運営する塾ではなく 1校舎のみで運営している小さな塾ですから,合計して 400件超という登録数には感謝しかありません。

本当にありがとうございます。

 

友だち追加

 

スマートフォンからは,上記の『友だち追加』の画像をタップしてご登録いただくことも可能です。

まだ登録がお済みでない保護者様は,ご登録いただきますよう宜しくお願い致します。

 

2020年8月16日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : ito

大学の「入学辞退率」

2018.10.21_000

 

大学の「入学辞退率」という言葉をご存じでしょうか。

読んで字の如く「合格はしたものの入学しない受験生の率」のことですが,この率が高い状態だと学校として “健全” であるとは言えません。

 

私立大は学部ごとに入試を行なっている,または複数の方式で受験を行なっている等,国公立大とは入試の実施方法が根本的に異なるため,どの大学も「入学辞退率」が高い傾向があります。

しかし,国公立大で「入学辞退率」が高い状態というのは問題であり,これが何年も連続してということになれば大問題です。

 

今回のブログでは国公立大の「入学辞退率」に焦点を当てて綴ります。

 

image171

 

文部科学省のホームページに2019年度実施分 (現在の大学2年生) の入試状況の概要が掲載されています。

 

この資料に目を通すと,2019年度は一般入試において国立大で6,994名,公立大で7,214名,国公立大合計で14,208名もの入学辞退者が発生していることがわかります。

国公立大の一般入試合格者の「入学辞退率」は 11.9%,つまり国公立大に合格したおよそ 8名に 1名は入学を辞退している計算です。

 

2019年度の一般入試実施分に絞って,いくつかの大学の「入学辞退率」をピックアップしてみました。

 

東京大 0.5% (合格者 3,018名,入学辞退者 14名)

名古屋大 2.1% (合格者 1,823名,入学辞退者 38名)

岐阜大 7.4% (合格者 1,193名,入学辞退者 88名)

名古屋市立大 11.0% (合格者 981名,入学辞退者 108名)

北見工業大 47.2% (合格者 570名,入学辞退者 269名)

国際教養大 48.4% (合格者 190名,入学辞退者 92名)

 

地元の岐阜大と名古屋大,そして東京大は国公立大の「入学辞退率」平均を下回っており,名古屋市立大がほぼ平均値となっております。

 

注目すべきはここからです。

国立大で最も「入学辞退率」が高いのは北見工業大 (北海道) で,上記の通り2019年度入試においては合格者の半数近くの 47.2% が入学を辞退しています。

なお,北見工業大の2020年度入試における「入学辞退率」は実に 56.0% に達しており,国立大でありながら入学辞退者数が入学者数を上回るという “異常事態” です。

 

また,一時期注目を集めていた公立大の国際教養大 (秋田県) は,2019年度の一般入試における「入学辞退率」は 48.4% と,こちらも半数近くが入学に至っていません。

 

2017.08.29_002

 

合格者の半数近くが入学を辞退する状況とはどういうことなのでしょうか。

これは「国公立大学至上主義」が関係していると考えられます。

 

よく塾や予備校,私立高の宣伝文句に『国公立大学〇〇名合格!』という表記を見かけますが,詳細は公開していないというケースが多々あります。

当塾の場合,開塾から 5年間の国公立大学の合格者数は30名 (卒塾生59名) で,詳細は以下の通りです。

 

[国立大]

東京大 1名 (理科一類)

京都大 2名 (教育・工)

名古屋大 8名 (文・教育・工)

横浜国立大 1名 (経営)

名古屋工業大 3名 (工)

金沢大 1名 (法)

信州大 1名 (理)

岐阜大 8名 (地域科学・教育・工・応用生物 (獣医)・医 (看護) )

島根大 2名 (生物資源)

 

[公立大]

大阪府立大 1名 (生命環境 (獣医) )

岐阜県立看護大 1名 (看護)

富山県立大 1名 (工)

 

当塾は上記のように詳らかに公開できますが,そうではない状況であれば注意が必要です。

 

例えば,国公立大の総合格者数は大きく表示しているものの,詳細がきちんと書かれていないとか,主要なところのみ掲載して「他多数」といった表現で包み隠しているケース。

何らかの事情で掲載できない “その大学” が生徒が望んで受験したものならまだしも,「国公立大学至上主義」に “利用された” ものであれば悲しいことです。

 

先日のブログでも申し上げましたが,合格実績の根拠が示されていないところも要注意です。

どこまでを合格実績とするかはその塾や予備校の “独自基準” に則っているのが実情で,結局はモラル次第なのです。

 

前期中間テスト《中学生》

2020.07.16_001

 

中学生の前期中間テストの結果が出揃いました。

今回のブログでは,自己ベストを更新した中2生・中3生を 3名ずつと,中1生の得点上位の 3名の結果を紹介したいと思います。

 

[中3生] 当塾生平均 445.9点

470点《鵜沼中 (通塾歴 0年 1ヶ月) 》〔前回より20点アップ! (自己ベスト更新) 〕

412点《中央中 (通塾歴 3年 5ヶ月) 》〔前回より79点アップ! (自己ベスト更新) 〕

404点《中央中 (通塾歴 1年 5ヶ月) 》〔前回より35点アップ! (自己ベスト更新) 〕

 

[中2生] 当塾生平均 428.1点

433点《中央中 (通塾歴 2年 4ヶ月) 》〔前回より50点アップ! (自己ベスト更新)

424点《中央中 (通塾歴 3年 4ヶ月) 》〔前回より51点アップ! (自己ベスト更新) 〕

413点《中央中 (通塾歴 1年 9ヶ月) 》〔前回より102点アップ! (自己ベスト更新) 〕

 

[中1生 (得点上位 3名) ] 当塾生平均 441.8点

486点《蘇原中 (通塾歴 0年 4ヶ月) 》

480点《蘇原中 (通塾歴 2年 4ヶ月) 》

473点《蘇原中 (通塾歴 0年 5ヶ月) 》

 

2020.07.16_002

 

以前のブログでもお伝えしましたが,当塾の生徒たちは時間をかけて “右肩上がり” を実現していきます。

これが当塾の大学合格実績に大きく影響しているといっても過言ではないのです。

 

これまでのブログでもお伝えしているように,当塾では定期テストや実力テストに向け,過去問や予想問題を演習させるといった指導を行なっておりません。

過去問や予想問題に勤しんで得た結果に価値を見出せないというのが私たちの考えで,それらは長い目で見て子どもたちの成長を阻害する可能性があると考えています。

 

決められた範囲をしっかりと熟し,基本に忠実に取り組んでいく。

ごく当たり前のことのように思えますが,“安易なもの” に縋らずとも素晴らしい結果を収めてきた彼らを,私たちは誇りに思います。